pickme(ピックミー)

【無料で使える】動画編集アプリ・ソフトのおすすめランキング

最近はたくさんの人が自分で動画編集をするようになってきました。SNSやYouTubeに動画を投稿する人も多いですよね。そこで今回は動画編集初心者にもおすすめの無料動画編集アプリ・ソフトを紹介します!誰でも簡単におしゃれな動画を作れるようになるので、ぜひ気軽に始めてみてください!

1006 view
この記事の目次

動画編集するならスマホアプリがおすすめ

あまり機会は多くないかもしれませんが、誕生日や結婚式のような特別な日のために動画を作ろうと思っている人は決して少なくないでしょう。友人や恋人と一緒にそれまで撮影した素材をおしゃれな動画にできれば、より素敵な形で思い出を残すことができます。

 

ただ問題は動画編集。パッと思い浮かぶだけでも、カットやアニメーション、BGMの挿入など作業量も多いですし、初心者がいきなり行うにはどうしてもハードルの高さを感じてしまいます。例えば現在ではYouTuberが日々たくさんの動画を投稿していますが、やはり彼らのような本格的な動画を制作するのは難しいです。

 

しかしそこで役立つのが動画編集アプリ。実は現在ではスマホやタブレットで手軽に動画を編集できるアプリたくさん登場していますが、そんなアプリの中には無料で利用できるものも多いので、誰でも簡単に動画編集を始めることができます。

本格的に動画編集するなら動画編集ソフトは必須!

スマホやタブレット用の動画編集アプリがかなり発展してきているのは間違いありませんが、そうはいっても本格的な動画を制作するにはまだまだパソコン用のソフトが必須です。例えばあなたがこれからYouTubeへの動画投稿を始めたいというのであれば、スマホアプリでは正直心許ないでしょう。

 

人気YouTuberなら誰もがMacBookを持っているイメージがありますが、実際その通り。特に投稿頻度が高いYouTuberであれば空き時間を見つけて忙しなく動画を編集し続けています。

 

ちなみに数ある動画編集ソフトの中でYouTuberたちから特に指示されているのは「Adobe Premiere Pro」。コースによって価格は変わりますが、月額料金は数千円。決して安くありませんが、数多くのプロも愛用している優秀なソフトです。

 

しかしパソコン用の動画編集ソフトにも無料版は存在します。具体的なおすすめソフトはあとでランキング形式で紹介しますが、スマホアプリに比べて作業効率の良さは段違いなので、本格的な動画を制作したいと考えている人は必ず動画編集ソフトを利用するようにしましょう。

動画編集アプリ・ソフトの選び方

スマホ用アプリにしろパソコン用ソフトにしろ、無料版・有料版問わず、動画編集ツールは数多く存在します。しかし詳しくない人だと一体どれを選べばいいのか迷ってしまうので、ここからは動画編集アプリ・ソフトの選び方を解説します。

とはいっても選定基準も様々なので、今回は特に大切な項目を紹介します。

自分のスマホ(PC)に対応した動画編集アプリ・ソフトを選ぶ

まずは自分が使っているスマホやパソコンに対応した動画編集アプリ・ソフトを選ぶということ。

 

例えば現在主流になっているのはスマホだとiPhoneかAndroid、パソコンだとMacかWindowsですが、当然iPhone専用のアプリをAndroidで使用することはできません。もちろんどちらにも対応している場合もありますが、特に有料版のアプリ・ソフトの購入を考えているなら必ず事前に確認しておきましょう。

 

また同時に自分のスマホやパソコンのスペックも確認しておくことをおすすめします。動画編集はとても重い作業なので、スペックが低すぎると編集中に画面が止まってしまう、アプリ・ソフトが落ちてしまうという事態が頻繁に発生してしまいます。

動画編集アプリ・ソフトの操作性能で選ぶ

次に大切なのは動画編集アプリ・ソフトの操作性能。当然ですが操作性能が高ければ高いほど作業スピードは上がりますし、編集の幅も広がります。

 

しかし必ずしも性能が高ければ良いというものでもありません。機能が多いということはそれだけ操作が複雑で難しくなるということでもあるので、馴染みがない初心者だと扱いきれないという場合も多々あります。

 

もちろん使用方法を地道に勉強していくというつもりであればプロも使用するような有料ソフトの購入もおすすめですが、簡易的な動画だけしか制作しないという人にはシンプルなスマホアプリでも十分。自分の使用用途に合ったツールを選びましょう。

知名度が高い動画編集アプリ・ソフトを選ぶ

意外と重要なのがそれぞれの動画編集アプリ・ソフトの知名度です。知名度が高い方が信頼できるということもありますが、その理由は操作方法がわからなかい時にインターネットですぐ検索できるから。

 

大抵のアプリ・ソフトにはそれぞれ取扱説明書やチュートリアルが付属していますが、それらは専門用語が多すぎて理解できない場合も多いですし、自分が知りたいことに対する解説がどこにあるのかわかりづらいです。

 

しかしインターネットではそのアプリ・ソフトに詳しい人がわかりやすく解説してくれていますし、知名度が高ければ高いほどそのボリュームも多くなるでしょう。なので操作方法もスムーズに学んでいくことができますし、その分作業効率も上がります。

 

マイナーなアプリ・ソフトだとその逆。公式の取扱説明書を見てもわからない、インターネットでも解説されてないとなると、初心者にとっては手の打ちようがありません。そうならないためにも詳しい人のレビュー、またApp StoreやGoogle Playのランキングを参考に、より知名度や評価が高い動画編集アプリ・ソフトを選ぶことが大切です。

無料動画編集アプリランキング

商品情報 操作性 機能性 知名度 口コミ
1InShot
A A B A
2iMovie
A B A B
3Clips
B B B B
Best Pick!1無料とは思えない高機能アプリ

数ある動画編集アプリの中でも特に評価が高い「InShot」。動画のカットやトリミングといった基本的な操作はもちろん、BGMやSEも挿入しやすい仕様になっています。またInstagramとの互換性が高いというところも嬉しいポイント。正方形にトリミングすることで、お気に入りの動画を手軽に編集、SNSにすぐ投稿することができます、

対応機種:iPhone・Android

InShot 税別
操作性 機能性 知名度 口コミ
A A B A
Best Pick!2iPhoneユーザーなら試してほしい

iPhoneにもともとインストールされている「iMovie」。入っていることには気づいていながらも、これまで使ってこなかったという人も多いのではないでしょうか?機能性はそこそこといったところですが、さすがiPhone専用のアプリなだけあって操作性はシンプルで直感的。動画編集に慣れていない人でもすぐ慣れることができます。

対応機種:iPhone

iMovie 税別
操作性 機能性 知名度 口コミ
A B A B
Best Pick!3カジュアルな動画を簡単作成

「Clips」もiPhoneに最初から入っている動画編集アプリですが、iMovieとの違いはよりスマホで動画編集することを想定とした手軽さです。絵文字やステッカーのような装飾をサッと貼り付けることができるので、どちらかというとカジュアルで楽しい雰囲気の動画を制作することに向いています。SNSとの互換性も高いというところもおすすめできるポイントです。

対応機種:iPhone

Clips 税別
操作性 機能性 知名度 口コミ
B B B B

無料動画編集ソフトランキング

商品情報 操作性 機能性 知名度 口コミ
1iMovie
A B A B
2AviUtl
B A B B
3Lightworks
B B C B
Best Pick!1Macユーザーにもおすすめ

おすすめ動画編集アプリでも紹介したiMovieはパソコンでも使用可能。やはりWindowsには非対応なのですが、Mac製品なら最初からインストールされているので、面倒な手順を踏む必要もありません。操作性・機能性も無料にしては申し分ありませんが、おすすめできる点は有料ソフトの「Final Cut Pro X」にスムーズに移行できるというところ。そちらはiMovieの上位互換とも言えるソフトで人気YouTuberも御用達なので、「そのうち有料ソフトも使ってみたい」という人におすすめです。

対応機種:Mac

iMovie 税別
操作性 機能性 知名度 口コミ
A B A B
Best Pick!2最高の無料版ソフト

とても無料ソフトとは思えないほど優秀な「AviUtl」。むしろ並の有料ソフトよりは優れていると言われるほど様々な機能が詰め込まれていて、無料版の中では最も支持されているソフトの一つです。またプラグインを導入することで自分好みにカスタマイズしていくことも可能なので、動画編集初心者の人は少しずつ慣れていって、できることを増やしていきましょう。

対応機種:Windows

AviUtl 税別
操作性 機能性 知名度 口コミ
B A B B
Best Pick!3ベーシックな機能が特徴

最後に紹介するのはこちらも動画編集に必要な基本的な機能が詰まっている「Lightworks」。編集画面もわかりやすく、初心者でもとっつきやすい操作性です。有料版のプロライセンスもありますが、無料版との違いは4K画質の動画を扱えるかどうかという点のみ。もちろんより高画質な動画を制作したい人にはありがたい機能ですが、それ以外は無料版でも扱えるので、そこまで気にしないという人にとっては問題ありません。

対応機種:Mac・Windows

Lightworks 税別
操作性 機能性 知名度 口コミ
B B C B

無料版と有料版の違い

以上、今回は無料動画編集アプリ・ソフトのおすすめランキングを紹介しましたが、有料版とはどのような違いがあるのでしょうか?「とりあえず高性能なんだろう」ということは詳しくない人でも想像がつくと思いますが、大きな違いの一つはやはりそこです。

 

動画編集は動画・画像・テロップ・BGM・SEなど様々な素材を組み合わせる作業ですが、当然それらをコピペするだけではありません。動画をカットする、色彩や音声を調節する、早送りやスロー再生を施す、などなどいくつもの手順を踏んでやっと一つの動画が完成します。

 

これまで解説したように無料版でもそこそこの機能が備わってはいますが、作業中に「こんな機能があったらな」と感じることが少なくありません。有料版のメリットはそのような細かい悩みを解決するような機能が非常に充実していて、結果的にユーザーは効率的、かつ快適に作業ができるようになるというわけです。

 

また有料版だとエフェクト・BGM・SEなど、もともと搭載されている素材の種類も段違い。その分動画編集に幅を出すことができ、上手く使いこなせれば自分ならではの個性的な動画を制作することが可能です。

 

反対に有料版のデメリットですが、やはりお金がかかるということに他なりません。数千円〜数万円と価格帯も様々で、一度購入すれば使い放題の商品もあれば、「Adobe Premiere Pro」のような月額制のものもあります。

 

本格的に動画編集を行っている人であればまず間違いなく所持しているツールではありますが、決して安い買い物ではありません。最初は無料版を使用してもっと高機能なアプリ・ソフトが欲しいと思ってから購入しても遅くないので、自分に合った方を選びましょう。

まとめ

今回は動画編集アプリ・ソフト、中でも無料で使えるものについて詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

アプリやソフトの種類がどんどん増えてきていることからもわかる通り、もはや動画編集はそこまでの専門知識がなくても可能なものとなっています。実際現在有名になっている人気YouTuberなんかも、そのほとんどは全く素人からスタートしていますしね。

 

もちろん最初はたった数分の短い動画を作るだけでもかなりの時間がかかってしまうと思いますが、きちんとしたアプリやソフトを選べば上達も早くなるでしょう。それこそ今回した無料版でも、少しずつ技術を身につけていって完成度の高い動画を作ることは十分に可能です。

 

しかしプロのような本格的な動画を制作したいという人には可能なら有料の動画編集ソフトを購入してほしいですが、大抵の有料版にはトライアル版も登場しています。利用可能期間、あるいは機能が限定されてはいるものの、有料版の機能性を肌で感じるので、気になる人は一度試してみることもおすすめです。

気に入ったらシェアしてね
RELATED POSTS

関連の記事はありません