pickme(ピックミー)

乳酸菌飲料の味や効果を徹底比較! おすすめランキング30選

お腹の調子を整えてくれる乳酸菌はヨーグルトや漬物などの食品から摂ることができますが、より手軽なのは乳酸菌飲料です。そこで市販されている乳酸菌飲料を味や効果で比較し、ランキング化しました。

健康・ダイエット 2891 view
この記事の目次

乳酸菌の選び方

乳酸菌飲料とは牛乳などを乳酸菌で発酵させ、甘味料や香料、果汁などを加えた飲み物のことです。「乳等省令」という法律では1mlあたり100万個以上の乳酸菌を含むものと定義されています。

 

この乳酸菌ですがブルガリア菌、ビフィズス菌、シロタ株などさまざまな種類があります。

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きがあり、腸内環境が整えられることで便秘や下痢などの不調を改善する効果が期待できます。それ以外にも種類によっては、免疫力の強化やアレルギー症状の緩和、風邪やインフルエンザの予防、コレステロール値の低下、ダイエット効果などさまざまな効果効能が認められています。自分の目的に合った効果効能を持つ乳酸菌を選ぶことが大切です。

 

目的に合った乳酸菌が見つかったらまずは2週間摂り続けてみましょう。

というのも腸内フローラ(腸内に生息する細菌の集まり、お花畑に見えることからこう呼ばれている)は同じものはないと言われるほど千差万別で、人によって乳酸菌の合う合わないがあるからです。どんなに優れた効果効能が認められている乳酸菌であっても、自分の腸に合わなければ意味がありません。

重要なのは効果効能だけではなく、自分の腸と相性が良い乳酸菌を見つけていくことなのです。ただし乳酸菌には即効性がありませんから、お通じの状態などをチェックしてしばらく様子を見る必要があり、その目安の期間は一般的に2週間とされています。

乳酸菌の効果

乳酸菌飲料に使われている主な乳酸菌の効果を紹介します。

 

乳酸菌シロタ株

 

後にヤクルトの創業者になる代田稔博士が1930年に強化培養に成功した生きて腸まで届く乳酸菌です。乳酸菌シロタ株(ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株)には優れた整腸作用が認められていて、1日100億個以上、4週間摂ることで、腸内の善玉菌が3倍に増え、悪玉菌が1/5に減ることが報告されています。お腹の調子を整えて、便秘や下痢を予防、改善したい方におすすめの乳酸菌です。

 

ラブレ菌

 

京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから分離された植物性乳酸菌です。牛乳などに生息する動物性乳酸菌に比べて植物性乳酸菌は酸に耐性があり生命力が強く、生きて腸まで届いて長く活動することが可能です。ラブレ菌はその中でも群を抜いた腸内生存率を誇っています。

 

このラブレ菌は整腸作用だけでなく、免疫力を高める働きが優れていることからいま最も注目されている乳酸菌の一つです。これまでの研究では「NK(ナチュラルキラー)細胞」という免疫細胞を活性化することで、インフルエンザなどの感染症を予防する効果が期待されています。

 

L-92乳酸菌

 

カルピスの乳酸菌飲料に使われている乳酸菌です。L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92株)はアレルギー症状を引き起こすIgE抗体の働きを抑制する作用を持ち、「花粉症」や「通年性アレルギー性鼻炎」の症状を改善する効果が認められています。さらにL-92株は免疫力を高める作用が強く、インフルエンザを予防したり、風邪の症状を緩和する効果が認められています。

 

プレミアガセリ菌CP2305

 

カルピスの乳酸菌飲料に使われている乳酸菌です。腸から脳に神経を通して働きかける「脳腸相関」を介してストレスを緩和することで、腸内の善玉菌を活性化して腸内環境を整えたり、睡眠の質を改善する乳酸菌として注目されています。

 

乳酸菌CP1563株

 

カルピスの乳酸菌飲料に使われている乳酸菌です。カルピスが保有する乳酸菌の中から脂肪の燃焼を促すタンパク質を活性化する能力が高い乳酸菌を選び出しました。CP1563株は菌を丸ごと砕いて摂取することで、脂肪燃焼を促して体脂肪を減らす画期的な乳酸菌として注目されています。ダイエット中の方におすすめです。

 

プラズマ乳酸菌

 

キリンと小岩井乳業の共同研究によって発見された乳酸菌です。私たちの体は腸を中心とした免疫系である「腸管免疫」によってウイルスや細菌から身を守っています。この腸管免疫を支えているのが免疫細胞です。プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔的な役目を担う「プラズマサイトイド樹状細胞」を活性化することで免疫力を高め、風邪やインフルエンザへの抵抗力を高めることから注目されています。

 

カゼイ菌NY1301株

 

カゼイ菌NY1301株は胃酸や胆汁に強く生きて腸まで届く乳酸菌です。悪玉菌を減少させて、ビフィズス菌などの善玉菌の増殖を促すことで、腸内環境を整えてくれます。便秘や下痢を予防、改善する効果が高い乳酸菌の一つです。

市販の乳酸菌飲料を徹底比較

乳酸菌を含む食品としてまず思い浮かぶのはヨーグルトです。しかし、ヨーグルトの味が苦手だったり、忙しくて食べている時間を確保できないという方も多いでしょう。その点で言えば乳酸菌飲料は甘くて飲みやすくヨーグルトが苦手な方にもおすすめですし、手っ取り早く摂れるので時間がない方にも適しています。そこで市販の乳酸菌飲料を以下の五つの基準で比較しました。

 

甘さ

 

どの乳酸菌飲料にも砂糖などの甘味料が味の決め手になっています。甘いのでジュース感覚でゴクゴク飲むことができるのがメリットですが、甘すぎるとしつこく感じます。甘さには人それぞれ好みがありますが、今回は甘さが程よいかどうかを基準に、A~Dの4段階で評価しました。

 

酸味

 

乳酸菌飲料は発酵しているので酸味があります。さわやかな酸味は心地よく食欲を増進させてくれますが、舌にピリリと感じるような強い酸味が苦手な方も多いでしょう。そこで酸味が程よいかどうか、酸味によって飲みにくく感じないかどうかを基準に、A~Dの4段階で評価しました。

 

後味

 

乳酸菌は継続的に摂らなければ効果が期待できませんから、乳酸菌飲料を飲み続けるためには後味の良さが気になります。さっぱりした後味なら毎日飲み続けることができるからです。そこで飲みやすい後味かどうかを基準に、A~Dの4段階で評価しました。

 

使われている乳酸菌の種類と数

 

乳酸菌飲料にどのような効果が期待できるかは、使われている乳酸菌の種類で決まります。また高い効果を期待するなら乳酸菌の数も重要です。乳酸菌の種類については多くのメーカーが公表していますが、公表していない製品もあります。健康や美容への効果を期待するなら酸菌の種類が明確であることが望ましいと言えます。そこで乳酸菌の種類は明確であるか、研究が進んでいてはっきりとした効果が認められている乳酸菌かどうかを重視し、乳酸菌の数が多い製品をより高く評価しました。

 

カロリー

 

乳酸菌飲料は継続的に摂り続けたいのでどうしてもカロリーが気になります。いくらお腹の調子を整えてくれたり、免疫力を高めてくれても、カロリーを摂り過ぎて肥満に繋がっては意味がないからです。そこで乳酸菌飲料に含まれるカロリーをA~Dの4段階で評価しました。

商品情報  甘さ  酸味  後味 カロリー
1Yakult1000 ヤクルト 100ml
140円 A A A C
2カゴメ ラブレα プレーン カゴメ 80ml×3
325円 A B A A
3ヤクルト400LT ヤクルト 80ml
80円 A A A B
4ヤクルト400 ヤクルト 80ml
86円 C A B C
5シンバイオティクス ヤクルト W 100ml
129円 A A A B
6カゴメ ラブレLight プレーン カゴメ 80ml
215円 A B A A
7カゴメ ラブレ プレーン カゴメ 80ml×3
325円 A B A B
8Newヤクルトカロリーハーフ ヤクルト 65ml
43円 A A A B
9カゴメ ラブレ 発酵豆乳ミックス カゴメ 80ml×3
239円 A B A B
10Newヤクルト ヤクルト 65ml
43円 C A B C
11iMUSEレモンと乳酸菌 キリン 500ml
89円 B A A A
12カラダ カルピス 500 アサヒ飲料 500ml
134円 C A A A
13まもるチカラのサプリ すっきりヨーグルトテイスト キリン 500ml
94円 B A A B
14カルピス 守る働く乳酸菌 アサヒ飲料 100ml
101円 B B A C
15BF-1 ヤクルト 100ml
124円 A A A B
16生きて腸まで届くビフィズス菌 カゴメ 100ml×3
159円 A A A B
17カルピス アミール やさしい発酵乳仕立て アサヒ飲料 100ml
105円 B A B B
18届く強さの乳酸菌 W アサヒ飲料 100ml
108円 C B B C
19朝のYoo フェカリス菌1000 伊藤園 265ml
100円 B B A B
20カスピ海式 菌活乳酸菌 伊藤園 200ml
93円 B A A B
21ヨーグルスタンド B1乳酸菌 コカ・コーラ 190ml
129円 A B B B
22ピルクル NY1301株 日清ヨーク 65ml×5
288円 C A B C
23カルピス ゼロカロリーのカルピス すっきり アサヒ飲料 490ml
128円 B B C A
24大人の健康・カルピス エルビー 125ml
70円 B B B A
25すくすくカルピスキッズ エルビー 125ml
83円 B B B B
26ナタデココ ヨーグルト味 伊藤園 280ml
124円 B A B B
27森永マミー 森永乳業 200ml
96円 C B A B
28カルピス (希釈用)  アサヒ飲料 470ml
438円 D B C B
29ビックル サントリー 280ml
110円 C B B B
30濃いめのカルピス アサヒ飲料 490ml
109円 D B B C
Best Pick!11000億個の乳酸菌を配合

1本に1000億個もの乳酸菌を配合しているのが特徴です。「そんなにたくさん乳酸菌を摂る必要はないのでは?」と思われる方もいるでしょうが、私たちの腸内には100兆個もの細菌が生息しています。1億個や10億個の乳酸菌を摂ったとしても腸内環境にほとんど影響はありません。ですから100mlで1000億個もの乳酸菌を摂れるYakult1000には大きなメリットがあります。

気になる味のほうはすっきりした甘さでほのかな酸味が感じられ、後味がさっぱりしています。なおYakult1000は機能性表示食品の認可を受けていて、ストレスの緩和や睡眠の質向上といった効果が期待できます。ただしカロリーが高めなので飲みすぎないようにしましょう。

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
カロリー(100ml):63kcal
Yakult1000 ヤクルト 100ml 140円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A A A C
Best Pick!2生きて腸で働くラブレ菌を配合

植物性乳酸菌のラブレ菌を配合した乳酸菌飲料です。乳酸菌は酸に弱いものが多く、生きた状態で摂っても大半が胃酸で死滅してしまいます。一方のラブレ菌は非常に生命力が強く、生きた状態で胃を通過して腸で働くことができます。生きた乳酸菌は腸内で乳酸や酢酸を大量に生成することで腸内環境を善玉菌の活動に適した弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑制し、便秘や下痢などの不調を予防・改善します。乳酸菌と相性の良いオリゴ糖を一緒に配合しているのも魅力です。

気になる味のほうは酸を大量に生成するラブレ菌を配合しているため、甘さは控えめで酸味が強く感じられます。やや独特の味であり好き嫌いが分かれるところですが、後味がすっきりしているので酸味が苦手でなければ気になりません。1本わずか15kcalとカロリーがかなり低く抑えられているので、ダイエット中の方におすすめです。

乳酸菌の種類:ラブレ菌
カロリー(80ml):15kcal
カゴメ ラブレα プレーン カゴメ 80ml×3 325円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A B A A
Best Pick!3400億個の乳酸菌を配合しカロリーをカット

1本に400億個の乳酸菌を配合しているのが特徴で、トクホの認可を受けています。従来のヤクルト400よりもカロリーを30%カットしているので、体への負担が気になりません。甘さは従来のヤクルトよりはやや控えめですが物足りなさはありません。カロリーカットの飲料はさっぱりしすぎで好きじゃないという方におすすめです。酸味のほうはマイルドで気にならず後味も良好です。

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
カロリー(80ml)::43kcal
ヤクルト400LT ヤクルト 80ml 80円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A A A B
Best Pick!4400億個の乳酸菌を配合

1本に400億個の乳酸菌を配合したトクホの乳酸菌飲料です。1日1本で十分な数の乳酸菌を補給し、腸内環境を整えることができるのが魅力です。味のほうは適度な酸味としっかりとした甘さがあり、ややくどく感じることがあります。後味にも残るので甘いのが苦手な方には不向きです。カロリーが高いのも気になりますが、摂取目安量の1日1本を守っていれば問題ありません。

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
カロリー(80ml):62kcal
ヤクルト400 ヤクルト 80ml 86円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C A B C
Best Pick!5乳酸菌とオリゴ糖でお腹を元気に

300億個の乳酸菌と腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖を2.5g配合した乳酸菌飲料です。お腹の調子を整えてくれる乳酸菌ですが、せっかく摂ってもエサがなければ活動できません。腸内環境の改善には乳酸菌などの善玉菌にエサを供給する必要があります。その点で言えば乳酸菌だけでなく、その活動を助けるオリゴ糖を一緒に摂れる乳酸菌飲料は理にかなっています。

味のほうは甘さ控えめで酸味はマイルド、後味がすっきりしていて飲みやすく仕上がっています。スタンダードなヤクルトよりも少し濃厚なので朝食代わりにどうぞ。

なおシンバイオティクスとは、体に有用な善玉菌を摂取するプロバイオティクスと、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を摂取するプレバイオティクスを組み合わせた概念のことです。

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
カロリー(100ml) 52kcal
シンバイオティクス ヤクルト W 100ml 129円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A A A B
Best Pick!6低カロリーで糖質オフが嬉しい

生きて腸まで届くラブレ菌を配合した乳酸菌飲料です。従来のラブレ プレーンよりも低カロリーなうえに糖質50%OFFを実現しているので、血糖値が気になる方におすすめです。

味のほうはりんご果汁が加えられているので甘さはすっきりしていますが、やや酸味を強く感じます。それでも後味に残らないので、酸味が苦手でなければ気になりません。

乳酸菌の種類:ラブレ菌
カロリー(80ml):11kcal
カゴメ ラブレLight プレーン カゴメ 80ml 215円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A B A A
Best Pick!7植物性乳酸菌を有名にした乳酸菌飲料

京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから分離したラブレ菌を配合しているのが特徴です。このラブレ菌が注目されるまでは、乳酸菌=ヨーグルトなど乳製品に含まれる善玉菌というイメージが強く、植物にも乳酸菌が生息していることを知る人は限られていました。しかし、植物性乳酸菌には過酷な環境を生き抜く力があり、胃酸や胆汁で死滅することなく生きて腸まで届いて、長く活動できるというメリットがあります。ラブレ プレーンはそんな植物性乳酸菌を有名にした乳酸菌飲料です。

味のほうは砂糖不使用なので甘さ控えめですっきりしていますが、やや酸味を強く感じます。酸を大量に生成する植物性乳酸菌で発酵させているので仕方ありませんが、酸っぱいのが苦手な方には不向きです。

乳酸菌の種類:ラブレ菌
カロリー(80ml):32kcal
カゴメ ラブレ プレーン カゴメ 80ml×3 325円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A B A B
Best Pick!8カロリーカットで体に優しいヤクルト

甘くてジュース感覚で飲めるのが乳酸菌飲料の魅力ですが、「毎日飲むとカロリーが心配」という方も多いでしょう。そんな方にはこちら、1本に200億個の乳酸菌を配合しながら、カロリーを従来の半分に抑えた体に優しい乳酸菌飲料です。甘さ控えめですが薄く感じるほどではなくちょうど良く、少し酸味を感じますが後味がさっぱりしているので飲みやすく仕上がっています。

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
カロリー(65ml):25kcal
Newヤクルトカロリーハーフ ヤクルト 65ml 43円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A A A B
Best Pick!9乳酸菌とイソフラボンを同時に摂れる乳酸菌飲料

生きて腸で働くラブレ菌で発酵させて豆乳を加えた乳酸菌飲料です。やや酸味を感じますが、豆乳が加えられているのでまろやかな味わいに仕上がっています。豆乳のクセがなく、さっぱりしているので飲みやすい印象です。

ラブレ菌はネバネバ成分である多糖をたくさん生成することで、菌体を胃酸などの消化液から守り生きて腸に届けることができます。また植物性乳酸菌であることから非常に生命力が強く、腸内で長く活動することができます。女性ホルモンの働きを補ってくれるイソフラボンを一緒に摂れるので、美容が気になる女性にもおすすめです。

乳酸菌の種類:ラブレ菌
カロリー(80ml):36kcal
カゴメ ラブレ 発酵豆乳ミックス カゴメ 80ml×3 239円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A B A B
Best Pick!10ヤクルトが新しくなって登場

1本に乳酸菌を200億個含みながら、手頃な価格でスーパーで気軽に買えるトクホの乳酸菌飲料です。乳酸菌の数ではヤクルト400に及びませんが、それでも生きて腸に届く乳酸菌シロタ株を200億個摂れるのは魅力です。

一方で気になるのが甘さとカロリーです。Newがついているだけあり以前よりは甘さが抑えられていますが、それでも強い甘さがあるのでくどく感じることがあります。酸味については適度にありますが、後味に残らずスッと消えていくので気になりません。カロリーも高めですが、摂取目安量の1日1本を守っている限りは問題ないでしょう。

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
カロリー(65ml):50kcal
Newヤクルト ヤクルト 65ml 43円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C A B C
Best Pick!11プラズマ乳酸菌を配合した乳酸菌ウォーター

免疫細胞を活性化して感染症を予防する効果が期待されているプラズマ乳酸菌を1000億個配合しているのが特徴です。やや物足りなく感じることがありますが、甘さを控えてレモン果汁を加えたさっぱりとした乳酸菌ウォーターなので、スポーツドリンク代わりにゴクゴク飲むことができます。仕事中や運動後の水分補給に最適です。100mlあたり17kcalとカロリーが抑えられているので、摂取カロリーが気になるときでも安心して飲めるのが嬉しいです。

乳酸菌の種類:プラズマ乳酸菌
カロリー(100ml):17kcal
iMUSEレモンと乳酸菌 キリン 500ml 89円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B A A A
Best Pick!12体脂肪を減らすカルピス

体脂肪を減らす効果が認められた機能性表示食品のカルピスです。乳酸菌CP1563株由来の10-ヒドロキシオクタデカン酸という成分に、体脂肪を減らす機能があることが報告されています。「ダイエットしたいけど、きつい運動や食事制限は苦手」という方におすすめです。

味についてはカルピス本来の甘酸っばさをそのままにカロリー0を実現し、ダイエット中の方でも安心して摂ることができます。酸味が控えめで後味がすっきりしているので運動後やお風呂上りの水分補給に最適です。一方でカロリー0でもしっかりとした甘みがあるので、甘さ控えめを好む人には不向きです。

乳酸菌の種類:乳酸菌CP1563株
カロリー:0kcal
カラダ カルピス 500 アサヒ飲料 500ml 134円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C A A A
Best Pick!13免疫力を高めて感染症を予防するプラズマ乳酸菌を配合

免疫力を高める効果が期待されているプラズマ乳酸菌を1本に1000億個も配合しているのが特徴です。プラズマ乳酸菌は私たちの体をウイルスや細菌から守る免疫細胞の司令塔的な役割を果たす「プラズマサイトイド樹状細胞」を活性化して感染症への抵抗力を高める画期的な乳酸菌です。これまでの研究では、プラズマ乳酸菌を摂取した小中学生は摂取しなかった小中学生よりもインフルエンザ罹患率が低いことが確認されたほか、咳や熱っぽさなどの自覚症状が軽減されることが分かっています。

気になる味についてはピュアな清涼飲料水という印象で、夏場の水分補給にも良さそうです。ヨーグルトテイストでさわやかな酸味があり、後味すっきりでゴクゴク飲むことができます。一方でやや甘さが強いので、甘いのが苦手な方は少し気になるかもしれません。

乳酸菌の種類:プラズマ乳酸菌
カロリー(100ml):40kcal
まもるチカラのサプリ すっきりヨーグルトテイスト キリン 500ml 94円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B A A B
Best Pick!14免疫力を高めて体を守る

「花粉症」などのアレルギー症状を緩和したり、免疫力を高めてインフルエンザなどの感染症を予防する効果が期待されているL-92乳酸菌を配合した乳酸菌飲料です。カルピスは甘酸っぱい味を特徴としていますが、こちらは比較的甘さ控えめで酸味も強くないので、甘酸っぱいのが嫌いな人にもおすすめできます。後味がさっぱりしていて飲みやすいのも好印象です。一方で果糖ぶどう糖液糖が加えられている影響か、カロリーが高めなのが気になります。

乳酸菌の種類:L-92乳酸菌
カロリー(100ml):60kcal
カルピス 守る働く乳酸菌 アサヒ飲料 100ml 101円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B B A C
Best Pick!15胃で働くビフィズス菌を配合した乳酸菌飲料

胃で働くビフィズス菌・B.ビフィダム Y株を1本に10億個以上配合した機能性表示食品の乳酸菌飲料。これまでの研究では、炎症などの異常がないのに胃もたれ、胃痛などが引き起こされ、便秘と下痢を繰り返す「機能性消化管障害」への有効性が示されています。B.ビフィダム Y株を含む飲料を4週間摂取することで、下痢、便秘、腹痛の症状が改善されたという報告があります。

味のほうは甘さ・酸味がとてもマイルドで、後味あっさりで飲みやすく仕上がっています。胃の刺激となる酸味が抑えられているので、胃の不調を抱えている方でも安心して飲むことができるのが嬉しいです。

乳酸菌の種類:B.ビフィダム Y株
カロリー(100ml):52kcal
BF-1 ヤクルト 100ml 124円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A A A B
Best Pick!16お腹に良い組み合わせが嬉しい乳酸菌飲料

ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂れる乳酸菌飲料です。ビフィズス菌は一般的に酸に弱い性質がありますが、こちらの乳酸菌飲料には胃酸に強く生きて腸まで届くビフィズス菌を配合しています。さらに多くの研究で腸内のビフィズス菌を増やす働きが認められているオリゴ糖を一緒に配合しているので、優れた整腸作用が期待できます。お腹の調子を整えたい方にぴったりの乳酸菌飲料です。

味のほうは甘さがマイルドで酸味が強くなく、後味がすっきりしているので毎日飲むのに良い印象です。

乳酸菌の種類:ビフィズス菌
カロリー(100ml):51kcal
生きて腸まで届くビフィズス菌 カゴメ 100ml×3 159円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A A A B
Best Pick!17血圧が高めな方に嬉しい機能性表示食品のカルピス

カルピス由来の乳酸菌が作り出すラクトトリペプチドを含む機能性表示食品です。このラクトトリペプチドは血管の収縮を引き起こす酵素の働きを阻害することで、血圧の上昇を抑える成分として注目されています。血圧が高めな方におすすめです。

味については従来のカルピスよりも甘さが抑えられている印象で、甘すぎず濃すぎず後味がすっきりしています。発酵乳仕立てなのに飲むヨーグルトに近いテイストに仕上がっています。

乳酸菌の種類:ヘルベティカス菌
カロリー(100ml):56kcal
カルピス アミール やさしい発酵乳仕立て アサヒ飲料 100ml 105円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B A B B
Best Pick!18ストレスを緩和する画期的な乳酸菌飲料

ストレスを緩和して腸内環境を整えてたり、睡眠の質を改善する効果が認められているプレミアガセリ菌CP2305を配合した機能性表示食品の乳酸菌飲料です。

消化吸収や免疫機能に欠かせない腸と脳は神経を通して繋がり、お互いに影響しあっています。これを「脳腸相関」と呼びます。プレミアガセリ菌CP2305を摂取すると、まず善玉菌が増加して腸内環境が整えられます。すると脳腸相関によって脳に良い影響をもたらし、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が抑制される仕組みです。ストレス性の便秘や下痢などのお腹の不調や睡眠障害に悩まされている方におすすめです。

味のほうは昔ながらのカルピスという印象です。人によっては甘すぎてくどいと感じるので好き嫌いが分かれます。味が濃くてかなり後を引くので、ゴクゴク飲みたい方には不向きです。カロリーが高めなので飲みすぎに注意しましょう。

乳酸菌の種類:プレミアガセリ菌CP2305
カロリー(100ml):67kcal
届く強さの乳酸菌 W アサヒ飲料 100ml 108円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C B B C
Best Pick!19吸収性に優れたフェカリス菌配合

すっきりした飲み口で気軽に乳酸菌を摂りたい方にぴったりの乳性飲料です。さわやかな甘さと程よい酸味が効いています。免疫力を高める効果が認められているフェカリス菌を配合しているので、健康が気になる方におすすめです。

フェカリス菌は球状で菌体がとても小さいのが特徴です。殺菌されているので生きて腸に届くことはありませんが、小さいので腸管から吸収されやすく、免疫細胞を刺激して免疫力を高める強い働きが期待できます。

なお乳酸菌は生きていないと効果が期待できないわけではなく、殺菌された乳酸菌は腸内で善玉菌のエサとして利用されます。殺菌されたフェカリス菌入りの飲料を摂取することで、腸内の善玉菌が増加して便通が改善したという報告があります。

乳酸菌の種類:フェカリス菌
カロリー(100ml):46kcal
朝のYoo フェカリス菌1000 伊藤園 265ml 100円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B B A B
Best Pick!208種類の乳酸菌を配合

8種類の乳酸菌が腸内の善玉菌を活性化してお腹の調子を整えてくれる、菌活に最適な乳性飲料です。ちなみにカスピ海式という名前がついているのは、何種類もの酵母菌・乳酸菌で発酵してできるカスピ海ヨーグルトに習ったからだとか。8種類の乳酸菌にはカスピ海ヨーグルトを作るクレモリス菌も含まれています。

乳酸菌は種類によってそれぞれ期待できる効果が異なり、自分の腸と合う合わないもあるので、1種類ではなく複数種類摂ることはとても良いことです。いろいろな乳酸菌を摂って健康に繋げましょう。

気になる味のほうはやや甘さが強めですが、ヨーグルト風味で酸味はマイルド、後味がすっきりしていて無理なく続けることができそうです。

乳酸菌の種類:ビフィズス菌
          アシドフィルス菌
       ブルガリクス菌
       カゼイ菌
       クレモリス菌など
カロリー(100ml):50kcal
カスピ海式 菌活乳酸菌 伊藤園 200ml 93円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B A A B
Best Pick!21キウイフルーツ由来の乳酸菌を配合

キウイフルーツの皮から分離された11/19-B1乳酸菌を配合しているのが特徴です。2014年に発見された新しい乳酸菌であり研究が進んでいるとは言えませんが、他の乳酸菌に比べて免疫力を高める作用が非常に強いという報告があります。

味についてはヨーグルトテイストなのですっきりさっぱりしています。甘さ控えめでしつこくないので、毎日飲むのに適しています。一方で酸味がほとんど感じられないのと、増粘剤の影響かとろみが人工的で少し後味に残るのが気になります。

乳酸菌の種類:11/19-B1乳酸菌
カロリー(100ml):36kcal
ヨーグルスタンド B1乳酸菌 コカ・コーラ 190ml 129円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
A B B B
Best Pick!22甘くて飲みやすいトクホの乳酸菌飲料

スーパーやコンビニで気軽に買える定番乳酸菌飲料でありながら、トクホの認可を受けています。使われている乳酸菌はカゼイ菌NY1301株、生きて腸まで届いて腸内環境を改善する効果が認められています。

味のほうは甘さが強く飲み続けるとくどく感じます。酸味はほんの少し舌がピリっとする程度です。甘いのが苦手でなければジュース感覚で飲むことができます。カロリーがやや多いので飲みすぎないようにしましょう。

乳酸菌の種類:カゼイ菌NY1301株
カロリー(65ml):44cal
ピルクル NY1301株 日清ヨーク 65ml×5 288円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C A B C
Best Pick!23カロリーを気にせずゴクゴク飲めるカルピス

ゼロカロリーで体に優しいカルピスです。腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖を配合しているので、お腹の調子が気になる方にぴったりです。ゼロカロリーのため普通のカルピスよりも薄めですが、さっぱりした甘酸っぱさが心地よくゴクゴク飲むことができます。摂取カロリーが気になるけど甘さが欲しいとき、のどが渇いたときの水分補給に最適です。一方で人工甘味料独特のザラっと舌に残るような後を引く甘さが気になり、好き嫌いが分かれるところです。

乳酸菌の種類:非公表
カロリー:0kcal
カルピス ゼロカロリーのカルピス すっきり アサヒ飲料 490ml 128円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B B C A
Best Pick!24乳酸菌とビフィズス菌を一緒に摂れるカルピス

乳酸菌とビフィズス菌を配合した甘さ控えめのカルピスです。ビフィズス菌は便宜上、乳酸菌の仲間として扱われますが、厳密にはビフィドバクテリウム属として乳酸菌とは区別されます。乳酸菌は主に食べ物の消化や栄養の吸収を担う小腸で働きますが、ビフィズス菌は便を作る大腸で働きます。乳酸菌とビフィズス菌を一緒に摂ることで、小腸と大腸の両方の健康を維持することができます。

味のほうはアサヒ飲料が販売する本家のカルピスよりも薄めで、甘さが抑えられていてさっぱりしています。酸味はほのかに感じられる程度です。濃いカルピスが好きな方には物足りなく感じますが、甘いのが苦手でも飲みやすい印象です。

乳酸菌の種類:ビフィズス菌
カロリー(125ml):34kca
大人の健康・カルピス エルビー 125ml 70円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B B B A
Best Pick!25子どもの健康に配慮したカルピス

乳酸菌とビフィズス菌を配合し、子どもの健康と成長に配慮したカルピスです。乳酸菌飲料に脱脂粉乳やミルクカルシウムを加えているので栄養価の面でも優れています。カルピスにしてはやや味が薄めですが、甘さ控えめでさっぱりしているので大人が飲むのにも適しています。

乳酸菌の種類:ビフィズス菌
カロリー(125ml):53kcal
すくすくカルピスキッズ エルビー 125ml 83円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B B B B
Best Pick!26トクホのヨーグルト風味ドリンク

ナタデココが入ったヨーグルト風味のドリンクです。昔からある親しみやすいデザインの缶飲料ですが、れっきとしたトクホの認定を受けています。使われている乳酸菌の種類は非公表ですが、トクホなので期待感があります。お腹の調子を整えたい方におすすめです。

味のほうはすっきりした甘さとさわやかな酸味のバランスがちょうど良く、子どもでも大人でも飲むことができます。

乳酸菌の種類が非公表なのが残念です。

乳酸菌の種類:非公表
カロリー(280g):134kcal
ナタデココ ヨーグルト味 伊藤園 280ml 124円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
B A B B
Best Pick!27甘くて子どもでも飲みやすい定番乳酸菌飲料

可愛らしい動物のキャラクターが描かれたパッケージが目を惹く50年以上の歴史を持つ乳酸菌飲料です。味のほうは甘さが強く酸味はほとんど感じません。子ども向けの飲み物といった印象で、大人には少し甘く感じます。その反面で人工甘味料不使用で舌に残る嫌な後味がないので、甘いのが苦手でなければゴクゴク飲むことができます。

乳酸菌の種類は公表されていませんが、腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖を配合しているので腸内環境を改善したい方におすすめです。

乳酸菌の種類:非公表
カロリー(200ml):94kcal
森永マミー 森永乳業 200ml 96円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C B A B
Best Pick!28カルピスの甘酸っぱさは初恋の味

誰もが知る歴史と伝統のある定番乳酸菌飲料です。カルピスは「初恋の味」をキャッチフレーズに掲げ、濃厚で甘酸っぱい味わいが特徴です。昔ながらのこってりした甘さは根強い人気がありますが、「大人には甘すぎる」という意見も多く、評価が分かれるところです。また独特のクセがあり、後味にしっかり残るので好き嫌いが分かれます。好みの濃さに調整できるので5倍程度に薄めて飲めばカロリーは気になりませんが、濃いカルピスが好きな方は飲みすぎに注意しましょう。

乳酸菌の種類:非公表
カロリー(5倍希釈時100ml):46kcal
カルピス (希釈用)  アサヒ飲料 470ml 438円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
D B C B
Best Pick!294種類の乳酸菌とオリゴ糖を配合

4種類の乳酸菌とオリゴ糖を配合したお腹に優しい乳性飲料です。腸内のビフィズス菌を増やす働きが認められているオリゴ糖を1本に290mgも配合しているので、乳酸菌との相乗効果が期待できます。

カルピスなどと比べると味は薄めですが、しっかりとした甘さがあるので、甘いのが苦手な方には不向きですが、それほどしつこい甘さではなく、さわやかな酸味が効いているので大人も満足できる味わいに仕上がっています。

乳酸菌の種類が非公表であるのが残念です。

乳酸菌の種類:非公表
カロリー(100ml):47kcal
ビックル サントリー 280ml 110円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
C B B B
Best Pick!30濃さと甘さがクセになるが飲みすぎに注意

濃厚で飲み応えたっぷりのカルピスです。カルピスウォーターよりも濃いめで、こってりとした甘酸っぱさが楽しめるカルピス好きにはたまらない味わいに仕上がっています。しつこい甘さではなくそれほど後味に残らないので、甘くてもゴクゴク飲むことができます。とはいえ健康目的で毎日摂るには甘すぎますし、希釈用のカルピスとは違って好みの濃さに調整できず、カロリーも高いので飲みすぎには注意しましょう。

乳酸菌の種類:非公表
カロリー(100ml):60kcal
濃いめのカルピス アサヒ飲料 490ml 109円税込
 甘さ  酸味  後味 カロリー
D B B C

まとめ

市販されている乳酸菌飲料の中から代表的な30製品を、甘さ、酸味、後味、乳酸菌の種類と数、カロリーで比較してランキング化しました。乳酸菌は自分が得たい効果効能を持つ種類を選ぶことが大切です。自分に合いそうな乳酸菌を配合している乳酸菌飲料が見つかったら、まずは2週間摂って効果を確かめてみましょう。

気に入ったらシェアしてね
RELATED POSTS