pickme(ピックミー)

初心者におすすめのギター10選|選び方や特徴をわかりやすく解説!

誰もが一度は憧れるギター。好きなバンドの演奏を見て挑戦したいと思う人も多いですが、種類も豊富で初めて購入する時はどうしても迷ってしまいます。そこで今回はギターの選ぶ基準、また初心者におすすめのギターを紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください!

生活雑貨 797 view
この記事の目次

誰もが一度は憧れるギター

誰でも好きなアーティストやバンドがあると思いますが、彼らを見ているとこちらも楽器をやってみたくなりますよね。

ギター、ベース、ドラム、キーボードといくつかパートはあれど、実際最も人気があるのは今も昔もやはりギターです。

 

華やかで存在感のある音色…。

細かく動き回る指のテクニック…。

例え音楽に詳しくなくても、プロギタリストの演奏を間近で見ると魅了されざるを得ません。

またシンガーソングライターのようにアコースティックギターを持って弾き語りをしたいという人もいますよね。

 

しかしいざギターを始めるとしても、価格帯や種類は様々。

ギターの知識がない初心者なら、どんなギターを買えばいいのか迷ってしまうことでしょう。

 

そこで今回の記事ではギターの知識ゼロの初心者でも分かるように、ギターの選び方を徹底的に解説していきます!

おすすめのギターもランキング形式でまとめていきます!

ギターの選び方①:エレキ?アコギ?

まず最初に、大前提としてギターには以下の2種類があります。

・エレクトリックギター

・アコースティックギター

これはもうギターに詳しくない人でもはっきりと違いがわかると思います。

 

わざわざ特徴を説明するまでもないかもしれませんが、ロックやファンクのような激しい音楽がしたいならエレキギター、弾き語りやカントリー系の音楽がしたいならアコースティックギターを選びましょう。

 

見た目も全く違うのでおそらくここで迷う人はほとんどいないと思いますが、一つ覚えておきたいのは、エレキギターは音を出すためにアンプというスピーカーのようなものが必要になります。

対してアコースティックギターはそれ単体で音を出すことができますが、逆に言えばアンプに繋げられないので、結局ライブなどで大きな音を出すには音をマイクで拾う必要があります。

ギターの選び方②:価格帯で選ぶ

次に、こちらはエレキギターにもアコースティックギターにも共通することですが、やはり重要なのは一体どれくらいの価格のギターを選ぶのかということ。

メーカーによって差はあるものの、当然価格が高くなればなるほど良い音が出るようになります。

 

しかし価格帯によってある程度特徴があります。

以下、大まかに段階を分けて特徴を説明するので、参考にしてみてください。

 

・10,000〜30,000円:オンラインショップなどで広く流通している。大抵は大量生産を目的としているため作りは荒く壊れやすい。個体によって当たり外れも多い。

・30,000〜80,000円:エントリークラス。このあたりの価格帯になるとある程度作りも安定しているため、初心者でもできればこのくらいのギターを購入することが望ましい。

・80,000〜150,000円:ミドルクラス。一流メーカーの中の安価なモデル、あるいはその子会社のギターが出回るようになり、作りが安定している国産ギターも数多い。

・150,000〜250,000円:ハイエンドクラス。ギターに使用する木材も最高級品が使用されており、アメリカの一流クラフトマンが製作している。各メーカーの個性も目立つようになり、プロも使用している価格帯。

・250,000円〜:ハイエンドクラスの中でも特に希少な木材が使用されたり、特殊な作業工程が施されることが多い。また人気ミュージシャンのシグネイチャーモデルや入手困難なヴィンテージなども相応に高額になる。

 

それぞれの価格帯の特徴は以上の通りなので、ギターを購入する際にはぜひ参考にしてみてください。

また2本目以降のギターを探している人は最低でもミドルクラスのギターを選ぶようにしましょう。

ギターの選び方③:メーカーで選ぶ

メーカーもギターを選ぶ際には重要な基準になります。

名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、例えばエレキギターにおいてはFender(フェンダー)とGibson(ギブソン)の2社がずば抜けて知名度が高いです。

 

アコースティックギターにおいては同じくGibsonを始め、Martin(マーチン)なども歴史が長い世界的なメーカー。

あとは少し前からTaylor(テイラー)なんかも急激に人気を伸ばし、現在では世界トップクラスに名を連ねるメーカーとなりました。

 

また国産ギターも決して捨てたものではなく、例えばYAMAHA(ヤマハ)はギターに限らず、様々な楽器において世界的に知られる有名メーカーですね。

やはり日本人の仕事の丁寧さは抜群で、コストパフォーマンスはとても高いと言えます。

ギターの選び方④:デザインで選ぶ

ミュージシャンは何も良い音さえ出せばいいというわけではありません。

ステージ上でファンを魅了するパフォーマンスも人気アーティストになるにはおろそかにできない部分ですが、持っているギターのデザインもその人の個性になります。

 

なのでその他の特徴も大切ですが、ギターを選ぶ際には必ず自分が好きなデザインのものを選ぶようにしましょう。

ギターは色や柄はもちろん、形状も様々な種類があります。

 

またデザインはギターの技術に関係ないと思われがちですが、実はそうでもありません。

確かに直接的な繋がりはありませんが、気に入ったデザインのギターだとモチベーションが非常に上がります。

 

つまり自然とたくさん練習するようになるので、その分上達の早さも上がるということ。

単純に愛着が湧くというところも大きな理由ですね。

 

ちなみにアコースティックギターはそれほど見た目に差がないと思われがちですが、よく見ると細かい違いがたくさんあります。

例えば木材によっては黄色っぽいものもあれば黒に近いものもありますし、メーカーによってディティールの装飾に特徴があります。

 

また一つ一つ木目が異なるので、ある意味ではエレキギターよりそれぞれの個性があると言えます。

ギターの選び方⑤:憧れのアーティストを参考にする

好きなギタリストと同じギターを持ちたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

憧れの人と同じデザイン、同じ音色のギターだとモチベーションも上がりますよね。

 

ただ問題はお金…。

やはりプロのギタリストは数十万円の高級ギターを使っていますが、誰もがそれだけのお金を出せるわけではないと思います。

初めてギターを購入するならなおさらですよね。

 

しかし全く同じモデルではなくても、各メーカーからは廉価モデルも出ていますし、子会社もあります。

例えば一流メーカーのFenderにはSquier(スクワイア)、GibsonにはEpiphone(エピフォン)という廉価版があります。

 

もちろん全く同じクオリティではありませんが、それぞれの特徴はかなり似ています。

デザインも一見同じではないかと見間違うほどなので、お金はそこまで出せないけれど、好きなギタリストと同じギターを持ちたいという人にはそのような選択肢もおすすめです。

ギターの選び方⑥:種類で選ぶ(エレキギター編)

次はもう少しマニアックな内容になりますが、それぞれのギターの種類ごとに選ぶという方法。

まずはエレキギターについて解説していきますが、特に人気なのはストラトキャスターとレスポールという種類。

 

もともとストラトキャスターはFender、レスポールはGibsonのギターですが、今では各メーカーからそれらの特徴を持ったモデルを販売しています。

具体的な特徴はというと、ストラトキャスターはキラキラしたきらびやかな音色、レスポールは重低音が強く力強い音色をしています。

 

他のメジャーな種類はというと、歯切れの良い高音が特徴のテレキャスター、小さいボディで女性や子供にもおすすめなムスタング、個性的なデザインが存在感を放つフライングVなどがあります。

もちろん他にも数え切れないほどの種類がありますが、メジャーということは音も良くて扱いやすいということ。

 

絶対ではありませんが、初心者であればまずはここで上げた種類の中から選んでみてはいかがでしょうか?

ただしフライングVだけは知名度は高いものの、扱いやすさにおいては決して優れていないので、あまりおすすめしません…。

ギターの選び方⑥:種類で選ぶ(アコースティックギター編)

次はアコースティックギターの種類を紹介しますが、大きく分けて以下の2種類があります。

・ドレッドノート

・フォークタイプ

 

見た目の特徴でいうと、ドレッドノートはボディが大きく、ずんぐりとしたデザイン。

フォークタイプはドレッドノートより若干小さめで、はっきりとしたくびれがあります。

 

もちろん音色にも特徴があり、ドレッドノートはボディが大きい分音が良く響き、重低音の迫力ある音がします。

対してフォークタイプは軽やかで繊細なサウンドが特徴で、テクニカルなリードパートや単音を弾くアルペジオ奏法に適しています。

 

またボディの一部が削られているデザインのアコースティックギターもありますが、それはカッタウェイと呼ばれる仕様。

ボディが削られていることで、ネックの付け根部分にある高音部分が非常に弾きやすくなります。

 

しかし一応デメリットもあり、カッタウェイがあるということはボディが小さくなるということ。

つまり通常のギターに比べて音の響きが抑えられ、迫力さが欠かれてしまいます。

 

また知っておきたいのはエレクトリックアコースティックギターという種類。

通称エレアコと呼ばれますが、これは文字通りエレキギターの特徴を持ったアコースティックギターで、ギターから直接アンプに接続することができます。

 

先ほどアコースティックギターで大音量を出すには音をマイクで拾う必要があると解説しましたが、エレアコならそのままアンプに繋げられるため、ライブの時などに活躍します。

初心者でもできるだけ高いギターを買うべき

ギターの選び方は以上で一通り説明し終わりましたが、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

 

「初心者だけど高いギター買ってもいいの?」

 

確かに完全な初心者がいきなり高いギターを手にすることは気が引けてしまうと思います。

全く弾けないのにハイエンドクラスのギターをもったいないと感じるかもしれませんし、ひょっとすると他人からは宝の持ち腐れと思われるかもしれません…。

 

確かにそれを完全に否定することはできないのですが、結論を言ってしまうと、初心者でもできるだけ高いギターを購入するべきです。

もちろんプロが使っている20万円のギターを買っても全く問題ありません!

 

その理由はいくつかありますが、まずはモチベーションが上がるから。

 

当然ですが、ギターは持ってすぐに弾けるわけではありません。

仮に曲が弾けるようになって人前でライブができるレベルになるには数十時間、あるいは数百時間の練習が必要になるので、非常に根気がいる趣味だと言えます。

 

これからギターを始めようとしている人の中には「どれだけ続けられるかわからないからとりあえず安いギターを買おう」と考えている人もいるかもしれません。

しかし厳しい言い方をしますが、そのくらいのやる気だと十中八九すぐ挫折します。

 

例えば初心者にとってまず間違いなく壁となるであろうFというコードがありますが、8,9割の人はその壁を乗り越える前にギターを辞めてしまうのが事実。

これを習得しないとほとんどの曲が弾けないのですが、そのような状態だと当然ギターは面白くありません。

 

ただ少し不純な理由になってしまいますが、高いギターを買うと「もう後に退けない」という気持ちになりますよね?

モチベーションも上がるので、本気でギターを始めたいのであればできるだけ高いギターを買うべきと言えます。

 

そしてもう一つの理由が、ギターを続けていればどうせ高いものが欲しくなるからです。

 

これはもう言うまでもありませんが、技術が上がれば相応に良い音が鳴るギターがほしくなります。

しかし非常にシンプルな考え方ですが、それならば始めから高いギターを買っておけばいい話ですよね。

 

またそれでも高いギターを買うのがもったいないと考えるのであれば、頑張って練習して上達すればいいだけ。

「初心者に高いギターはもったいない」なんてと考えを持っている人はあくまで一部ですし、気にする必要はありません。

何も心配せずに欲しいギターを選びましょう。

初心者向けエレキギターのおすすめランキングTOP3

商品情報 弾き心地 音作り 口コミ コスパ
1FENDER ( フェンダー ) / MUSTANG Black
43,800円 A B B B
2IBANEZ ( アイバニーズ ) / GRX70QA-TRB
20,500円 A B B B
3Epiphone Les Paul Standard Plus Top Pro HCS
52,500円 B B A C
Best Pick!1女性にもおすすめな短めスケール!

スケール(ギター自体の長さ)が短いムスタング。体が小さい女性でも難なく弾ける人気モデルです。キラキラしたピックガードでデザインもクールですね。

FENDER ( フェンダー ) / MUSTANG Black 43,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A B B B
Best Pick!2ネック細く弾きやすさ◎

IBANEZのギターはネックが細く、握りやすい仕様になっているのが特徴。そのため手が小さい女性や子供でもコードを弾きやすいというメリットがあります。

IBANEZ ( アイバニーズ ) / GRX70QA-TRB 20,500円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A B B B
Best Pick!3Gibsonのリーズナブルな直系ブランド!

EpiphoneはGibsonのレスポールを継承する正当なメーカーです。デザインもほぼレスポールそのままなので、憧れのアーティストとほぼ同じギターをリーズナブルな値段で手に入れることができます。

Epiphone Les Paul Standard Plus Top Pro HCS 52,500円税込
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B A C

中級者向けエレキギターのおすすめランキングTOP3

商品情報 弾き心地 音作り 口コミ コスパ
1FENDER ( フェンダー ) / MIJ Traditional '50s Stratocaster Maple 2-Color Sunburst
77,800円 B A B A
2IBANEZ ( アイバニーズ ) / RG570-JB
99,800円 A A B B
3TOKAI ( トーカイ ) / LS136F IB
88,800円 B B B C
Best Pick!1日本製Fenderの高コスパ!

こちらはお馴染みのFenderモデルなのですが、アメリカではなく日本製「Fender Japan」のギターです。Fender Japanはアメリカ製ほど高くはありませんが、完成度は非常に安定しており、初心者〜中級者を中心に非常に愛されているモデルです。

FENDER ( フェンダー ) / MIJ Traditional '50s Stratocaster Maple 2-Color Sunburst 77,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B A B A
Best Pick!2シックなブルーのデザインが特徴

先ほど紹介したIBANEZの上位モデル。同じくネックが細く、握りやすい形状をしており、初心者や女性にも優しい設計です。またこちらは「アクティブギター」という特殊な仕様になっており、内蔵されたプリアンプによってノイズが少なく、力強いサウンドが特徴です。

IBANEZ ( アイバニーズ ) / RG570-JB 99,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A A B B
Best Pick!3静岡県産ハイクオリティギター

「TOKAI(トーカイ)」というネーミング通り、東海地方静岡県に本社があるメーカーのギター。1947年の創業以来、ハイクオリティのエレキギターを何種類も生み出してきました。こちらはレスポールタイプの迫力あるサウンドが魅力のモデルです。

TOKAI ( トーカイ ) / LS136F IB 88,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B B C

上級者向けエレキギターのおすすめランキングTOP3

商品情報 弾き心地 音作り 口コミ コスパ
1FENDER ( フェンダー ) / American Original ‘50s Stratocaster 2-Color Sunburst
199,800円 A A A A
2Gibson ( ギブソン ) USA/Les Paul Traditional 2017 T Heritage Cherry Sunburst
201,667円 B B A A
3FENDER ( フェンダー ) / American Elite Telecaster Ebony Mystic Black
213,800円 A B A B
Best Pick!1誰もが憧れる王道モデル

初心者から上級者まで多くのギタリストが憧れる「Fender USA」。ハイエンドモデルの中で最も王道と言える機種の一つですね。歴史も長く、洗練されたサウンドは数えきれないほどのプロから愛され、音作りの幅の広さも特徴だと言えます。

FENDER ( フェンダー ) / American Original ‘50s Stratocaster 2-Color Sunburst 199,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A A A A
Best Pick!2世界トップメーカーの傑作

Fenderのストラトキャスターと並ぶメジャーモデル、それがGibsonのレスポールです。チェリーサンバーストのカラーリングが施されたマホガニーボディに2つのハムバッキングピックアップ。重量は重いモデルですが、それだけにパワフルな音色が特徴です。

Gibson ( ギブソン ) USA/Les Paul Traditional 2017 T Heritage Cherry Sunburst 201,667円税込
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B A A
Best Pick!3きらびやかでモダンな人気機種

Fenderの象徴とも言える機種はストラトキャスターかもしれませんが、同じく代表作であるのがこちらのテレキャスター。クリーンなきらびやかさはもちろんですが、ロックに欠かせない歪みサウンドとの相性も申し分ありません。デザインも個性的で、非常に存在感のあるギターです。

FENDER ( フェンダー ) / American Elite Telecaster Ebony Mystic Black 213,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A B A B

初心者向けアコースティックギターのおすすめランキングTOP3

商品情報 弾き心地 音作り 口コミ コスパ
1YAMAHA ( ヤマハ ) / FG830 Natural
32,700円 B B B A
2TAYLOR ( テイラー ) / Big Baby Taylor
50,800円 B C B A
3GRECO ( グレコ ) / GAL-30P Tobacco Sunburst
36,000円 C B B B
Best Pick!1安心のYAMAHAブランド

アコースティックギターはエレキギターほど音にバリエーションを持たせることがありません。ゆえにギターのクオリティがそのまま出てしまいますが、YAMAHAのアコギはリーズナブルな価格帯でも安定性が高いです。エントリークラスなら最も信頼できるメーカーの一つです。

YAMAHA ( ヤマハ ) / FG830 Natural 32,700円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B B A
Best Pick!2人気メーカーのミニギター

世界トップクラスのメーカー「Taylor(テイラー)」が販売するエントリーモデルです。名前の「baby」と付く通りですが、こちらのモデルはスタンダードより少し小さいサイズ感。そのコンパクトさは女性にとっても使い勝手がよく、かつ良い音を鳴らしてくれます。

TAYLOR ( テイラー ) / Big Baby Taylor 50,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B C B A
Best Pick!3個性も強い国産モデル

YAMAHAと同じく人気国産メーカーの「GRECO(グレコ)」。エレキ・アコギともに人気があるメーカーですが、こちらも安定した作りをしているため、リーズナブルなギターを探しているならおすすめのモデルの一つです。

GRECO ( グレコ ) / GAL-30P Tobacco Sunburst 36,000円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
C B B B

中級者向けアコースティックギターのおすすめランキングTOP3

商品情報 弾き心地 音作り 口コミ コスパ
1TAKAMINE ( 高峰 ) / DMP551C WR
95,800円 B B A A
2YAMAHA ( ヤマハ ) / LL-TA VT
112,800円 B B B A
3TAYLOR ( テイラー ) / 114ce
97,800円 B B C B
Best Pick!1ミドルクラスの大人気エレアコ

エレアコに関しては国産メーカーの中で最も定評がある「TAKAMINE(高峰)」のギターです。くびれの曲線が美しいフォークタイプで、細かいデザインにもこだわりが見えます。もちろん音色も良く、ミドルクラスのエレアコなら最もおすすめできるギターです。

TAKAMINE ( 高峰 ) / DMP551C WR 95,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B A A
Best Pick!2便利な多機能が魅力

YAMAHAのギターはミドルクラスでも非常に高い評価を得ています。こちらもエレアコ仕様のモデルですが、特徴は生でそのまま弾いた時の音とアンプを通した時の音のギャップが少ないというところ。リバーブやコーラスといったコントロール機能も多彩で、非常に使い勝手がいいモデルです。

YAMAHA ( ヤマハ ) / LL-TA VT 112,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B B A
Best Pick!3憧れのTaylorサウンドとシンプルさ

Taylorのラインナップの中では下位に位置するモデルですが、上位種にも劣らない歯切れの良いサウンドが特徴。上の2種類と同じくエレアコ仕様で、構造もシンプル。Taylorギターに憧れる人は数多いと思いますが、それらしい音を求めるならこのモデルがおすすめです。

TAYLOR ( テイラー ) / 114ce 97,800円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B B C B

上級者向けアコースティックギターのおすすめランキングTOP3

商品情報 弾き心地 音作り 口コミ コスパ
1MARTIN ( マーチン ) / D-18
248,000円 A A A A
2TAYLOR ( テイラー ) / 314ce V-Class
228,000円 A A A A
3Gibson ( ギブソン ) / J-45 Studio 2019 WB
186,000円 B A A B
Best Pick!1歴史もある独自のサウンド

アコースティックギターの完成系の一つとも言える「MARTIN(マーチン」のギターです。穏やかで優しい音色はまさに唯一無二のサウンドで、国産ギターにはない独自の魅力があります。ザ・アコースティックギターな音を探しているならぜひとも候補に入れておきたいですね。

MARTIN ( マーチン ) / D-18 248,000円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A A A A
Best Pick!2数あるエレアコの最高峰

Taylor独自のピックアップ「EXPRESSION SYSTEM」によるクリーンで華やかなサウンドを持つギターです。エレアコに関しては世界トップのメーカーと呼ぶギタリストも多く、現代らしいスタイリッシュなギター。カッタウェイ仕様のフォークタイプで、演奏製も非常に優れています。

TAYLOR ( テイラー ) / 314ce V-Class 228,000円税別
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
A A A A
Best Pick!3老舗メーカーの最新モデル

同じく世界トップの人気を誇るGibsonの最新アコースティックギターです。Gibsonらしい力強いサウンドはそのままに、木材の厚さを薄くして抱え心地が向上。高級感のある木目も非常に渋いデザインで、老舗メーカーのまた新しい一面が垣間見えるモデルです。

Gibson ( ギブソン ) / J-45 Studio 2019 WB 186,000円税込
弾き心地 音作り 口コミ コスパ
B A A B

まとめ

ギターの選び方やそれぞれの特徴、またおすすめのギターをランキング形式で紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ギターはエレキギターでもアコースティックギターでもたくさんの種類や価格帯があります。

まずは自分にぴったりのギターを見つけて、目標に向かってどんどん練習しましょう!

気に入ったらシェアしてね
RELATED POSTS

関連の記事はありません